無料サイトに張り巡らされた罠

出会い系を始めようと思った時にまず人気が高いのが無料を謳う出会い系サイトです。イククルやデジカフェなど有料サイトは「お金が掛かるから」と敬遠される方が多いようです。しかし、実際に事件が起こった件数、サイトを見比べていくと圧倒的に無料のサイトで事件が起こっていることが分かります。無料出会い系サイトにも勿論大手が管理する優良サイトもあるのですが、手口はどんどん巧妙化してきているため、判断が難しくなっています。そのため出会い系初心者にはあまりオススメできません。
■ 架空請求
登録したメールに見覚えの無い出会い系サイトなどから架空請求が度々送られてくるパターンです。出会い系サイトを利用する人はいくつかのサイトを掛け持ちしている場合が多いので、これに付け込んで、悪質業者は架空請求を送ってきます。そうすると、架空の請求書を信じてしまって、慌てて入金する人が後を絶ちません。無料と言いつつ、実際はメアド収集を目的とした出会い系サイトがこれに当たります。
■ 同時登録
最近増えているのが、無料の出会い系サイトに登録すると自動的に他の悪質有料サイトに同時登録されてしまうという事例です。同時登録された悪質サイトでは利用していないにも関わらず入会金や月額利用料などが発生します。規約をよく読むと「姉妹サイトに登録されます」などと記載があるので注意しましょう。

未成年との出会い

出会い系サイトを利用するときに知っておきたいのが出会い系サイトにおける法律違反です。出会い系サイトを利用していれば掲示板などで「サポ」とか、「¥」、「ワリキリ」や「援交」という書き込みを見かけたことがあるかもしれません。これらは全て援助交際を目的とした書き込みです。そして援助交際の掲示板への書き込みは全て犯罪行為だということをご存知でしょうか? 特に相手が未成年の場合は、援助交際の申し込みをしただけで「出会い系サイト規正法」に引っかかります。つまり、メールのやりとりをしただけで即逮捕、ということです。
また、実際に会ってHしてしまった場合「児童買春禁止法」が適用され、金銭の授与が発生していない場合でも「淫行条例」により刑事罰に処されます。
どこからがアウトかと言うのは地域ごとに異なっているのですが、条例が厳しい地域の場合「キス」をするともう淫行条例に違反する場合があります。また胸や性器に触ると性交類似行為とみなされます。フェラ、手コキ、足コキ、素股も性行為に当たります。
黙っていれば大丈夫、などということはなく、別件で逮捕された未成年者の自白により芋づる式に逮捕に繋がる件も多数あるのです。売春や援助交際目的の書き込みはスルーすることが安全です。

広告